メダカの天敵!ヤゴが侵入した

メダカの天敵ヤゴ

著者:長池涼太

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

メダカは屋外での飼育も可能です。

屋外は室内よりも多少放置気味でも問題なく飼えることもありますが、一方で屋外飼育ならではの問題もあります。

それが『天敵』の侵入。今回は特に水槽に侵入することの多いヤゴについて解説します。

何も対処しないと最悪の場合、メダカがヤゴに食べれてしまうこともあります。

メダカの天敵のヤゴについて

トンボの幼虫を総称してヤゴと呼びます。春~秋にかけて繁殖し、冬は卵か幼虫の状態で冬を越します。

そのため、ヤゴは通年みられることが多いです。成虫のトンボは空を飛んでいることが多いですが、産卵は池や沼などの水中にしてヤゴも水中で育ち、ある程度大きくなったら陸に上がって羽化して、成虫になります。

ヤゴの抜け殻
ヤゴの抜け殻
羽化したトンボ
羽化直後みたいです。羽はこれから伸びますね
トンボ
別の日。こちらは違う種類かな?イトトンボ?

羽化は木の枝や壁など陸に上がって行われることが多いです。ヤゴを羽化させたい場合は陸のスペースを確保しましょう。

ヤゴは肉食で食欲旺盛なため、メダカなどの小動物はたいていなんでも食べますしヤゴ同士で共食いをすることもあります

共食いするヤゴ
閲覧注意。共食いしてました…

実験的にプラスチックのケースで7匹ヤゴを飼育してますが、1週間で2匹が共食いの犠牲になりました。エサはメダカを与えるのがベストでしょうが、水中の小さな虫なども食べるようです。

ミズミミズを食べるヤゴ
ミミズを食べるヤゴ

アゴでしっかりとらえて食べてますね。

ヤゴ以外にもいる!メダカの天敵

メダカの天敵はヤゴ以外にも、

  • タガメ
  • ミズカマキリ
  • ゲンゴロウ
  • マツモムシ

などが挙がっています。ただし、これらの生き物は絶滅危惧種に指定されているくらい数を減らしているため、よほど田舎の方でなければ水槽内に紛れこむことはありません。

タガメ
タガメ(アクアワールド大洗にて)今は野生ではなかなか見かけません。
ミズカマキリ
ミズカマキリ。アクアワールド大洗にて。

逆にヤゴ(トンボ)はどこにでもいるため、メダカの天敵としては一番出会う確率も高く水槽内に侵入することも多いです

りょうた
りょうた

トンボは日常的に見かけますよね。タガメは今のところ水族館でしか見たことないです。

あとは先日、メダカビオトープと別にミニ田んぼが庭にありますがそこにマツモムシがいつのまにか飛来してました。

タガメ同様に肉食性が強く昆虫やメダカのなどの小さい魚も食べるのでマツモムシも要注意ですね。

ヤゴの見た目はトンボの種類によって違ってくる

ちなみにトンボと言ってもオニヤンマ、シオカラトンボ、アキアカネなど様々な種類がいて、ヤゴもトンボの種類によって微妙に見た目が変わるみたいです。

こちらは小さく太い感じですよね

コチラの動画は2020年7月ごろに見つけたヤゴの動画。最近見つけたものとは形が違いますよね。細かい種類は『ヤゴペディア』というサイトで調べることができるので、ヤゴの種類が気になった方は調べてみましょう。

メダカを守るためのヤゴ対策

防虫ネット

結論から言うと完全にヤゴの侵入を防ぐのは困難みたいです。ネット上の情報を見ても、なかなか「これ」というのはありませんでした。そんな中で対策になりそうなのが水槽の上にネットや網をかぶせる方法

ただ、それでも侵入されているケースはあるようなのであくまで「ないよりはマシ」なくらいのスタンスが良いかなと。

りょうた
りょうた

防虫ネットなどを使うと、少なからず観察はしづらくなるのでヤゴの侵入阻止を取るか観察のしやすさを取るか…ですね。

ちなみにうちは大丈夫ですが、場所によってはカラスなどの鳥がやってくることもあるそうです。鳥対策には防虫ネットが有効ですね。

見つけて駆除する

ということで、完全にヤゴの侵入を防ぐのが難しいので、できることはやはり『地道に一匹ずつ駆除する』くらいです。水槽の中をパッと見てもヤゴがすぐに見つかるわけではないですが、

  • 水草や石などの影に隠れている
  • 底砂に隠れている

というパターンがほとんどなので、よく探しましょう。

ウォーターバコパ
葉の裏にいることも多いですね

ピンセットで水草など水槽内をつっつくと出てくることが多いです。

抜け殻はヤゴがいる証

ヤゴは脱皮するため『抜け殻』が発生します。

ヤゴの抜け殻
ヤゴの抜け殻
脱皮中のヤゴ

抜け殻が水面に浮いている場合もあるので、『抜け殻がある=ヤゴが紛れこんでいる』と思った方が良いです。

僕は一匹ずつピンセットでつまみ出しました。

ヤゴ

結局のところ、手間はかかりますが地道に一匹ずつ取り除くのが確実かもしれません。基本的に、1匹ヤゴを見つけたら数匹~10匹くらいはいると思って良いです

りょうた
りょうた

ヤゴを撃退するツールがないため、現状は地道に1匹ずつ捕まえるしかない…。

ヤゴの対処は早めに

記事のまとめ
  • ヤゴ(トンボの幼虫)はメダカの天敵
  • トンボがどこにでも見られるため、ヤゴが侵入する確率も高い
  • 水槽に防虫ネットをかぶせればヤゴ(トンボ)の侵入を多少は防げるが、完全には防げない
  • 頻繁にチェックして、ヤゴは地道に1匹ずつ駆除するのが確実

ヤゴは食欲旺盛なため、早めに対処しないとメダカが全滅する可能性もあります。もし外のメダカ水槽にヤゴを発見したら、早めに駆除するなど対処をしましょう。

せっかく飼育しているメダカですから、大切に。

メダカの屋外飼育について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA